日本・アジア新興国・豪州・米国・・・国境を超えて投資する人のためのポータルサイトです。

10月6日 自己資金250万円からのカンボジア特選物件セミナー@東京

10/6 自己資金250万円~カンボジア特選物件セミナー@東京

セミナー参加費を無料にいたしました。

拡大を続ける街、カンボジアの首都プノンペン。国際空港前に登場する新築コンドミニアムを、日本円で最大購入価格の80%、年利3.85%のファイナンス利用した場合、自己資金わずか250万円から買えるチャンス到来!日本国内の担保も不要な画期的な融資スキームと、「ライバル不在のユニーク立地」に建つ優良物件を紹介します。

画像の説明
画像の説明


発展する東南アジアにあって、内戦、虐殺、植民地支配…苦難の歴史ゆえ、出遅れたカンボジア。数十年の遅れを取り戻すかのように、いま、超スピードの経済成長が続いています。昨年末「東南アジア経済統合」で、さらなる飛躍を遂げると期待される国の一つでもあります。

東南アジアの真ん中…タイとベトナムに挟まれた、抜群のロケーション。両国より安い物価・労賃水準。そして何より、実質的に流通する通貨が「米ドル」であり、定期預金しても年6%以上の「米ドル」金利が当たり前に得られる国。

投資・ビジネスのしやすさから、日本企業も続々と参入しており、首都プノンペンでは東南アジア最大級の「イーオン・タウン」をはじめ、商業施設が続々と登場。コンドミニアムの建設も相次ぎますが、首都としては都市サイズが小さいため、数年後には過剰供給が懸念されています。いま求められるのは、



・ライバル不在のユニークな立地(国際空港と大型複合商業施設が目の前)

そして、

・現金手出しが少なくても投資できる融資スキーム


これにピッタリ当てはまる物件が登場しました。

夕景パース


今年9月1日に、成田からの直通便(ANA)が登場したばかり。絶賛拡張工事中、「ASEANで一番カッコいいラウンジのある空港」としてビジネスマンに人気のプノンペン国際空港と、大型商業複合施設「ライオンモール」(建設中)に、事実上直結の立地。

日系企業が多く進出するカンボジア最大の工業団地(プノンペンSEZ)と、市内とのちょうど中間地点で、ビジネスユースが期待できる。かつ現時点で、「近隣にライバルとなる高層住宅の建築計画が全くない」というユニークな状況が、投資家に収益をもたらす期待値大。

かつ、「日本円で年利3.85%」という、東南アジアでは通常あり得ない低い金利での融資が利用可能。かつ、多くの金融機関と違って「担保」も不要で、海外初心者にも利用しやすい。この融資を上手に使えば、自己資金250万円から投資が可能です。

満を持して登場したセミナー、ふるってご参加ください。


講演者:野間口 雅彦 氏

画像の説明

C&Iホールディングス、マネジングディレクター

早稲田大学経済学部卒 ハーバード大学ケネディー行政大学院へ留学し、パブリック・ファイナンスを専攻(修士号取得) 一橋大学院大学国際企業戦略研究科金融戦略コース修士課程修了(MBA・ファイナンス専攻)大手銀行を経て、大手金融機関のリスク管理本部でリスクモニタリング部長等を歴任。

ビジネス・ブレークスルー大学元教授(「ファイナンスI・II」「リスクマネジメント論」及び「リスクマネジメント・ファイナンス理論を応用したキャリア形成・資産価値」のゼミを担当)。2008年から本格的に国内不動産投資を開始し、2011年より海外不動産投資を行う。



講演者:藤田 昌哉 氏

画像の説明

株式会社シティインデックス 営業部 海外不動産チーム

シティインデックスでは首都圏を中心に「コンパクトマンション」と定義される30〜60平米未満のマンションを開発・分譲。近年高騰する日本不動産市場からステージを移し、経済成長目覚ましいプノンペンで初の日系企業による総合開発物件を発表し注目を集めている。

本セミナーでは「シティインデックスプノンペン Bodaiju Residences」の魅力だけでなく、皆様の知らない「カンボジア」を現地駐在の経験から、余すことなくお伝えいたします。

■日程
2016年10月6日(木) 19:00~21:00

■会場
東京都渋谷区南平台町16-11 アライブ南平台6F
(株)リード・リアルエステート
http://www.lead-real.co.jp/company/map.html

■セミナー参加料金:無料 

2016年10月6日(土)19:00~

お申し込みは、こちら



a:2249 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional